知らなきゃ損。無料化されたiOS版『GarageBand』の超カンタン&楽しい使い方。

※記載されている内容・価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事はGood?

知らなきゃ損。無料化されたiOS版『GarageBand』の超カンタン&楽しい使い方。
LINEで送る
Pocket

先日から、Appleが提供している音楽制作アプリ【GarageBand】が無料となりました。
これまで高価なアプリとして販売されていただけに、とりあえずダウンロードしたという人が多いのではないでしょうか。

GarageBand ( 無料 ) App販売元:Apple

 

この『GarageBand』、音楽に詳しい人の為のものと思われがちですが、実は誰でもすぐにプロっぽく演奏・作曲ができてしまうんです。

私(筆者)も専門知識ゼロ、楽器経験は小中学校の音楽会のみという有様ですが、小一時間は夢中になれます。

今回はそんな初心者向けの超カンタン&楽しい使い方をご紹介しますので、この機会に『GarageBand』を使ってみたい方は是非参考にして下さい。
 


「Apple Loops」でカンタン作曲

難しいことは考えずに、さっそく音楽を作ってみましょう。組み合わせるだけの作業でプロっぽい曲が出来上がります。

  1. スタート画面左上にある+をタップ
    IMG_7871
  2. ギター、ピアノ等の音源を選択(最初はどれでもOK。今回はギターを選択。)IMG_7856
  3. 左上の矢印となりにあるマークをタップIMG_7872
  4. トラック画面になるので、右上のループマークをタップIMG_7875
  5. 「Apple Loops」に収録されているループをタップで再生⇒曲に入れたいメロディを選んでホールド(タッチして長押しした状態)IMG_7878
  6. トラック画面に自動で移動するので、ドラッグ&ドロップでループを配置IMG_7876

あとは4〜6を繰り返し、色々な音のループを組み合わせれば音楽が完成します。
再生ボタンでメロディを聴きながら作業できるので、ほんとうに何の知識もいらず、なんとなくで作曲が可能。手軽ながらも「自分で作った」という満足感が得られるので一度試してみてほしいです。

IMG_7861

 


感覚だけでミュージシャンっぽく演奏

『GarageBand』には、ギターやピアノ等のバーチャルな楽器が搭載されています。楽器慣れしていない人でもすぐにミュージシャン気分になれる演奏方法が以下です。

・ギター

  1. 音源「Smart Guitar」で、右上のダイヤルマークをタップIMG_7867
  2. AUTOPLAYのダイヤルを1〜4にした状態で、好きなコードをタッチして弾くIMG_7869

「どこかで聴いた事ある!」というようなフレーズがジャカジャカと流れ、思わずギタリスト風に弾き語りでもしたくなってしまいます。
 
・ピアノ

  1. 音源「Keyboard」で、鍵盤右上のボタンをタップ→表示されるスケールを適当に選択IMG_7870
  2. 普通と違う鍵盤が出てくるので適当に弾くIMG_7864

弾いてみると、あら不思議。めちゃくちゃに弾いても不協和音になりません。それどころか何故か名曲っぽくなってしまいます。


いかがだったでしょうか。
気になる使い方があったら、ぜひ試してみてください。
慣れてきたら演奏を録音→「Apple Loops」と組み合わせて作曲するのも楽しいですよ。
 
GarageBand ( 無料 ) App販売元:Apple
 

LINEで送る
Pocket

サイトの更新をチェック

iOSアプリに関する厳選情報を不定期でお届けしています。 follow us in feedly
Twitter @applefan_jp
Facebook AppleFan!

今日のセール情報

随時更新!値下がったばかりのお得なアプリを厳選してご紹介しています。

今日の新作情報

随時更新!新しくリリースされたばかりのアプリを厳選してご紹介しています。

サイトメニュー

殿堂入り記事

キーワードで過去記事を検索

この記事はGood?


こちらはFacebookと連動するものでは無いので、記事が良かったら気軽にGoodを押してください。
もれなく運営者のモチベーションがUPします。

Rin