Pocket対応! 時間を決めて「あとで読む」に登録した記事を消化するためのアプリ【Readtime】

※記載されている内容・価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事はGood?

Pocket対応! 時間を決めて「あとで読む」に登録した記事を消化するためのアプリ【Readtime】
LINEで送る
Pocket

「あとで読む」として登録した記事、そのまま読まずに溜まってしまっていませんか?

Readtime 】というアプリを使えば、空いた時間で効率良く記事を消化できるようになるかもしれません。

仕組みはこうです。まず、利用している「あとで読む」サービス(PocketかReadability)を設定します。

その後タイマーが出てくるので、記事を読むのに費やせる時間を1分〜30分までの間で指定。

すると指定した時間内で読めそうなボリュームの記事を抽出して表示してくれます。

面白いのは、記事を読みながら経過時間を把握できるところ。

右下に表示される小さなタイマーの赤い部分が、時間経過によって変化していきます。

 

指定した時間内ならページをめくって次々と記事を読むことが可能。

時間が過ぎた後にページをめくるとタイマー画面に戻ります。

 

読み終わった記事は自動でアーカイブに入れられるので、同じ記事が出てくるという事はありません。

気になった記事にはこのアプリからのスター付けも可能です。

溜まった記事をしっかり消化したいなら、活用してみてはいかがでしょうか。

価格:170円

開発:Cogent

バージョン:2.0.1

※記事の内容は掲載した時点での情報を元に構成されています。アプリの内容・価格等は変更される場合もありますので、正しい情報は必ずAppStoreでご確認下さいますようお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

サイトの更新をチェック

iOSアプリに関する厳選情報を不定期でお届けしています。 follow us in feedly
Twitter @applefan_jp
Facebook AppleFan!

今日のセール情報

随時更新!値下がったばかりのお得なアプリを厳選してご紹介しています。

今日の新作情報

随時更新!新しくリリースされたばかりのアプリを厳選してご紹介しています。

サイトメニュー

殿堂入り記事

キーワードで過去記事を検索

この記事はGood?


こちらはFacebookと連動するものでは無いので、記事が良かったら気軽にGoodを押してください。
もれなく運営者のモチベーションがUPします。

Rin