【DropPhox】撮影した写真をそのままDropBoxへ自動転送するカメラアプリ。

※記載されている内容・価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事はGood?

【DropPhox】撮影した写真をそのままDropBoxへ自動転送するカメラアプリ。
LINEで送る
Pocket

シャッター押したら即座にクラウド上へ。

今回ご紹介する【DropPhox】は、撮影した写真を自動的にDropBoxへ転送するカメラアプリケーションです。

撮った写真がどんどんDropBoxに入っていくので、万が一iPhone側で削除してしまっても復元できて安心です。

DropBoxを利用している方は要チェックなアプリですよ。

■設定

まず始めにDropBoxのアカウントを設定しましょう。
これで、撮影した写真は次々にDropBoxに保存されていきます。保存された写真はDropBoxのルート上に「DropPhox」というフォルダが作成され、そこに保存される事になります。

カメラ撮影時に、iPhoneへも保存するかどうかは設定で決められます。(iPhoneの『設定』アプリを開いて変更)


■撮影

アプリを起動すると撮影モードになります。撮影したら「Use」ボタンを押しましょう。直ぐにDropBoxへの転送が始まります。
複数写真を撮影した場合でも、パラレル(並行)でアップロードされていくのでバンバン撮っても大丈夫です。

また、オフラインで撮影した写真は、3G/WiFiを検知すると自動でアップロードを開始します。

転送中の写真がある時は、このようにアイコンバッチで枚数が表示されます。

転送が完了すると、履歴にアップロードしたファイルが表示されるようになります。

動画も試してみたのですが 、movファイルとして正常にDropBoxにアップロードされていました。

撮影した瞬間にそのままDropBoxに転送されるのは、とても効率が良くて便利です。

iPhoneの写真をPCに転送するのが面倒という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

参考価格:170円

販売元:DaVinciWare Inc.

レビュー時のバージョン:1.0

LINEで送る
Pocket

サイトの更新をチェック

iOSアプリに関する厳選情報を不定期でお届けしています。 follow us in feedly
Twitter @applefan_jp
Facebook AppleFan!

今日のセール情報

随時更新!値下がったばかりのお得なアプリを厳選してご紹介しています。

今日の新作情報

随時更新!新しくリリースされたばかりのアプリを厳選してご紹介しています。

サイトメニュー

殿堂入り記事

キーワードで過去記事を検索

この記事はGood?


こちらはFacebookと連動するものでは無いので、記事が良かったら気軽にGoodを押してください。
もれなく運営者のモチベーションがUPします。