[アップデート情報] ソーシャルお天気アプリ『Weddar』がバージョン1.5で日本語に対応。

※記載されている内容・価格等の情報は、掲載時点のものです。

この記事はGood?

[アップデート情報] ソーシャルお天気アプリ『Weddar』がバージョン1.5で日本語に対応。
LINEで送る
Pocket

ユーザー投稿型の天気情報アプリ『Weddar』がバージョンアップし、日本語表示に対応するようになりました。

『Weddar』は世界各国のユーザーが今居る場所の天気を投稿できるソーシャル型のお天気アプリで、リアルタイムな各地の天気を視覚的に確認できるのが特徴です。
単に「晴れ」や「雨」というだけではなく、「涼しい」や「凍えそう」などの表現が使われるので、より現実的な天候を共有する事ができます。
まだ日本語が多少あやしい所もありますが、英語表示の為になかなか日本では広まらなかったこのサービスが今後拡大していくかもしれません。

今回のバージョン1.5では、新規にメールアドレスでのログイン方式も採用されており、FaccebookやTwitterアカウントを所持していないユーザーでも気軽に参加する事ができます。


製品情報

Weddar – 96HP

価格:無料

執筆時のバージョン:1.5

LINEで送る
Pocket

サイトの更新をチェック

iOSアプリに関する厳選情報を不定期でお届けしています。 follow us in feedly
Twitter @applefan_jp
Facebook AppleFan!

今日のセール情報

随時更新!値下がったばかりのお得なアプリを厳選してご紹介しています。

今日の新作情報

随時更新!新しくリリースされたばかりのアプリを厳選してご紹介しています。

サイトメニュー

殿堂入り記事

キーワードで過去記事を検索

この記事はGood?


こちらはFacebookと連動するものでは無いので、記事が良かったら気軽にGoodを押してください。
もれなく運営者のモチベーションがUPします。